換金する目的で列車のチケットなどをたくさん購入してしまう・・・カードの現金化サービスを使わないで、自ら換金を目的としてクレジットで決済するのも同様と言えます。

現金化するということを狙っているカードの使用というものは、クレジットカードの契約条項違反に繋がってしまうことからです。

必要以上の列車の回数券・切手を購入する等におけるクレジットカード決済では、ともすると換金目的なのではないか、などというように目をつけられる場合があるので注意することが必須です尚、利用時点においてキャッシング利用枠というものがいっぱいになられてしまっているカードのケースには、電車等の切符などを決済することにトライすることだけでもカード会社のチェックの電話が来るということもあるので、資金不足時の決済は出来ないようにされているのでしょう。

経済的に問題のある状況でする方法は誰でも、同じようなものなのです。

カードの会社にとって芳しくない使用法をすること●少し前に話題だった『永久機関』であったりクレカの会社の立場からみて全く利益にならないような規約に反した取引をすると、クレジット発行会社の判断によって強制退会という扱いになる例すらある。

インターネット上に出回っていたクレジットポイントの不正搾取というような一般には認知されていない秘密のやり方なんていうがあっても、そういった手法については全てクレジットの規約違反になるので絶対に試さないようにして頂きたい。

強制失効となってしまった個人情報は他のカード会社へ流れる)クレカを没収させられた場合でも違うクレジットカードは使用できるから、少しであれば大丈夫??などと思っいる人はこの情報化社会においてはその考え方は身を滅ぼすことになる可能性もあるでしょう。

なぜかと言うと、そもそも強制失効扱いとなるような状態には、クレカの会社が確認出来る個人情報というものにそういった契約情報が記録されてしまうことで、社会的信用がなくなってしまうケースがあるためです。

いずれかだたひとつであるとしてもカードを失効となると、以後クレジットカードまでも契約できなくなってしまうようですし別の持っているカードについても強制失効になる場合もあり得るのです。

運良くそのまま使用できる際にも期限切れの時に継続できなくなることになります。

とにかく何度も何度も述べたように、強制失効させられてしまうほどの利用の仕方はどんなことがあってもしないようルールに則ってクレジットカードを利用して頂きたいと思っています。

Copyright © 2002 www.laloggia.org All Rights Reserved.