クレカを所有していると毎月加入会社から明細書の通知があります。

それら明細書にはどの店舗で何時ごろ何の品にカードでいくら利用したのかという記録がリスト化されているため、以前そのカードを切った支払いの履歴を見るために実にたやすく実用的でもあります。

代用はなかなか不便に違いませんがちょっとした出納帳っぽいものに見立てることも面白いし、お金の管理にももってこいです。

加えていま言ったクレジットカード利用明細送られてから普通は一か月後経つか経たないかで請求金額の送金が実行されます。

つまりはこのクレカ利用代金明細を確認してみて、あれ?と思うようなおかしな記録、例えばもし決済したこともないWEBサービスが記載されていれば、クレジットカード会社に電話をかけて調査してもらえば済むだけでしょう。

カード不正利用をはじめとするあなた以外によるカード使用が発覚した場合であっても、使用者に責任がないようなら、多くの事例では加入カード会社がそうした支払いを補償してくれます。

今時は明細書をホームページで確認できるクレジットカードが一般的です。

普段からどのお店でいくら払って利用したか注意しておくことでカード犯罪から身を守るのはもちろん、収支記録の代わりとなり金銭管理のようなこともこれのみでできてしまいます(WEBページで利用履歴をリストアップOKなカード会社は前の決済履歴やリボ払い適用の有無といったことも参照できるようになっています)。

クレカは上記の観点からも大変助けになるモノなのではないでしょうか。

Copyright © 2002 www.laloggia.org All Rights Reserved.