為替介入(外国為替市場介入)という言葉をご存知ですか?日銀が外国為替市場介入(為替介入)をして新聞、報道番組、グーグル等の報道記事で確認した方もたくさんいるでしょう。仕事 辞めたい アフィリエイト

元から為替介入(外国為替平衡操作)というと日本の場合、◯大臣(財務大臣)円相場の安定性を保てるように施行する手段と考えられています。

要は、激しい円高または円安の場合に財務大臣の指令をもとに日本銀行が日本円を取引することで相場の安定化を狙う、ことを言います。

為替介入(外国為替平衡操作)には方法が何通りかあるのです。

1.単独介入・・・政府機関もしくは中央銀行(日本銀行)が、東京市場の中で直接市場に参加し為替介入(外国為替平衡操作)をする。

2.協調介入・・・通貨当局が協議のうえで、それぞれの銀行などが持っているお金を使いみんなそろってもしくは断続的に為替介入を実施していく。

3.委託介入・・・他国の銀行などへ為替介入(外国為替市場介入)を委ねる。

4.逆委託介入・・・日銀が他の国の通貨当局の代わりに介入を実行する。

このようにやり方です。

どの場合の介入も一時的、あるいは連続的に為替の市場に多大な影響を与えるはずです。

為替の介入の資金は当たり前ですが国の面目をかけているのですからスケールが違うのです。

円ベースで考えると、いつもは数銭ごとに変化する円レートが突発的に数円単位の動きをするのです。

投資家の人であれば一回は経験したことがあると推測できますが、今までは上手に利益(あるいは損失)が多くなっている持ち高を持ち続けていたところへ、保持している持ち高が決済したという通達が外国為替の会社からEメールが。

どれほど得になったのかな(損益が出たのかな)?と気にしつつ決済報告を確認したところ、自身が予想していたものとはまったく逆の事態になってしまい度肝を抜かれたケースがよくあります。

為替介入(外国為替市場介入)が行なわれるとよく起こることなのです。

介入を行うと為替の変動と真逆の動きをするのです。

さらに変動する金額の幅はものすごく大きくでかく動きますので気をつける必要があります。

Copyright © 2002 www.laloggia.org All Rights Reserved.