事故が起きた状況で、自らが自動車の事故の被害者であるにもかかわらず事故を起こした人が過ちをちっとも納得しないという事はたくさん聞くことがあります。わざと起こしたかったのではなく注意が足りなくて相手の車を追突された時などに、こういった争いになってしまう場合があります。かといってそこで車のみの「物損」され忘れた頃に異常が現れた際に、かかった病院の診断書を警察署に提出するのでは遅れを取る感はしょうがなくなってしまいます。それなら車の事故の過失割合の認定にはどんな風な判断基準が決められているのでしょうか。厳密に言うと警察が結論付けるのは主に車での事故の大きなミスが認められるのはどちらであるかという内容であり、過失割合ということではないのです。また、決定された事故責任者が警察から明らかにされる事は場面はないです。よって、過失の割合がどうなのかは両者の交渉の結果に応じて明確にされ、その結果が賠償額の算定のベースになる訳です。この時、共に任意に加入する自動車保険に入っていない場合は双方がダイレクトに調整することしかできません。しかしながら、当然ながらそういう交渉では、感情に走った応報になる場面が高いです。これに加えて、主張にギャップがあれば万が一の場合、裁判にまで進みますが、それは年月と費用のかなり大きなロスは避けられません。そのため一般的には各々の事故当事者についている自動車の保険屋さん、そういった両方の自動車の保険屋さんに調整を委ねる手法を活用して、相当な過失の割合がどうなのかを落ち着いて決めさせます。こういった際には、保険会社は過去の自動車事故の裁判によって導きだされた判決から決められた元となるもの、判例タイムズ等を参考に、推定と話し合いを交えて過失の割合がどうなのかを導き出します。と言っても、事故の際には、巻き込まれたのか他者を巻き込んでしまったのかに関わらず、とりあえず110番通報するのが大切です。その後、自動車保険会社に電話してこれから先のやり取りを一任するのが手順となります。ちゃんとした手続きさえ把握していれば両方の建設的でない水掛け論となる場合を回避できます。

Copyright © 2002 www.laloggia.org All Rights Reserved.