自動車事故発生した場面で自身が事故の被害者であっても先方が責任を少しも納得しないケースは多く聞くことがあります。ひとつの例として、意思と関係してではなく注意が足りなくて乗用車をぶつけられた場合などに、そういった口論になる危険性がありえます。とは言ってもそこで物損と処理されて後で症状が現れた際に、病院の診断書を警察に提出するというのは対応が遅くなる感はしょうがなくなります。それならば事故の過失割合の結論にはどんな風な判定基準があるのでしょうか?厳密に申し上げますと、警察が確定するのは車の事故の大きな落ち度があったのはAかBかという事であり過失の割合ということではないのです。さらに、最終的に決定された事故の過失があった人が警察署から公表される事は有り得ません。そんな訳で、「過失割合」は事故にあった両者のやり取りの結果で決められた、これが損害賠償の基準になります。この際に、お互いが車の任意保険に加入していない状況では、双方が直接的にやり取りします。けれども、当然の事ながらそういったやり方では、非理性的な問答になる場合があります。この上、互いの意見に差があれば最悪の場合、裁判に突入しますが、これでは貴重な時間と裁判にかかるコスト計り知れない損は避ける事が出来ません。そこで多くの場合、事故に関わってしまったそれぞれの人についている保険会社、こういった互いの自動車の保険会社に協議を任せる手立てを用い、適当な過失の割合を冷静に結論付けさせるのです。このような際自動車保険会社は、過去の事故の裁判の判決から算定した元となるもの、判例集をたたき台として推測とやり取りを行って過失の割合がどうなのかを算出します。そうであっても事故のケースでは遭遇してしまったのか巻き込んでしまったのかには関係なくまず警察に連絡するのが絶対です。その後、自動車の保険の会社に連絡して、この先の調整を任せるのが手順となります。やり方さえ理解していれば、両者の無駄な交渉となる事を未然に防止できるに違いないのです。

Copyright © 2002 www.laloggia.org All Rights Reserved.