想像できずにいきなり起こるのが自動車事故です。その場面でどんな風に判断するかが原因となり自動車の保険料の受け取りも相当違ってくる場合も予想できますので正確な決断と対策が重要です。思いつきもしないアクシデントに平静さを失ってしまったら大事な対処を見失ってしまい、かなり大きな損を被る時もあるので自動車の事故を起こしたケースは冷静に以下に述べる判断を行います。自動車の事故をしてしまった状況で最も初めにしなければいけないのが負傷した人がいるかどうかのかを確認する必要があります。交通事故のすぐ後は訳が分からず喪心状態になってしまう時があり短期間で対処できないのが通常です。なので、負傷した方がいたならば危険が少ない場所に移動して応急な手当を行って周りの人に助けを求めるなどして怪我人の優先に努めることが大事です。119番通報する場合には的確な事故の場所を知らせ、分かりにくい場所では周りの目立つお店や交差点名を連絡して事故の位置が分かるようにします。次に警察へ連絡し、自動車の事故が発生したこと、簡単に状況を連絡します。救急車とパトカーが来るのを待っている間に相手側の情報を確かめます。名前、電話番号、免許証番号、車のプレート相手の自動車保険の会社名などお互いのことを教えあいます。その時事故の相手に過失があったような場合は、事故現場で結論を出そうとすることがありますが現場でうやむやにするのではなく、どんな状態でも警察署や保険屋さんに通報して、きちんと調べてもらう事が大切です。お互いの内容を交換したら他の車の障害になることをやめるために妨げとなる物道から排除します。もしも妨げになった物が他の交通の妨げになっている場合は相手と自分の情報を交換する以前にこの作業を終わらせてしまっても問題はないです。その後自身の掛金を支払っている保険屋さんに電話をして自動車の事故があった事を報告します。事故から特定の時間内のうちに保険会社に電話しておかないと自動車保険の適用除外となる状況も考えられるので極力速やかに連絡することが重要です。可能ならば事故の現場の跡として、コンパクトカメラや携帯電話のカメラなどを使って状況や自動車の破損の様子を見ることができる写真を撮影しておきます。この証拠写真は過失のパーセンテージ決める時にかなり大きな証拠となるので自身の自動車や相手の乗用車の破損箇所を全て写真に残しておくことが大事です。その場面で他の人がいるのであれば警官の方が自動車保険会社の人が駆けつけるまで事故の現場に待っていてもらうように呼びかけることも必要です。

Copyright © 2002 www.laloggia.org All Rights Reserved.